新しいプライバシー。磨りガラスを簡単に作る。

窓やシャワースクリーンを磨りガラスにするには?

透明な浴室の窓や、寝室の窓を、プライバシーが守れる状態にしたいと思っていますか? でも、ブラインド、カーテンやシャッターなど、費用や労力、永続性など、大掛かりなことをしたくない時もありますよね。光を遮りたくはない。デリバン・ジェル・メディウム-プライバシー・フロスティングのテクニックで、簡易磨りガラスを作ることができます。 

デリバン・ジェルメディウムを使ったDIYの窓用フロスティングをブラシで塗ることで、型で作られたガラスや、すりガラスのような、プライバシー保護の効果を得ることができます。必要がなくなったら、後から削ることができます。 マティスMM4ゲルメディウムまたはデリバン・ジェル・メディウムを綺麗に洗ったガラスに使用します。

適用範囲: 250mlで、約1-2平方メートルをカバーします。


窓を磨りガラスにする方法

プライバシー・コーティングの適用

窓の掃除は、まず窓用の良いクリーナー、又は、メチルアルコールなどを使って綺麗にします。

そして、ジェル・メディウムを容器から(十分に気を付けて剥がれの原因になりそうな端を残さないようにする)直接筆やスポンジ・ローラー、を使って塗っていきます。スポンジや道具によって、又は、どのように塗るかによって仕上がりが異なります。ジェル・メディウムは、2mm以下の厚さで塗り、強制的に乾燥させないでください。


もっとプライバシーを確保したいですか?

更なる層を塗り重ねることで、磨りガラスの透ける度合いは高くなります。もしもプライバシーを高めたい場合は、ジェル・メディウムに色を入れることもできます。絵の具1に対して、ジェル・メディむを4の割合でゆっくり丁寧に混ぜ合わせます。マティス・アクリル絵の具、デリバン・アーティスト・アクリル絵の具、デリバン・スチューデントなどが使えます。白は、磨りガラス効果があります。あなたのお部屋にマッチした色が作れます。 

一層目、二層目を塗る場合は、間を最低6時間は空けてください。 

結果として得られる仕上げは(色を追加せずに)透明に乾燥し、光は通しますが、見えにくくするため、バスルームの窓などに適しています* 

*浴室の窓に塗る場合は、屋外に塗ると仕上がりの風合いが汚れを吸着しやすくなりますので、窓の内側に塗ってください。シャワースクリーンを磨りガラスにする場合は、シャワースクリーンの外側に塗ってください。一般的な家庭用クリーナーで洗浄してください。窓用のクリーナーやアンモニア系の洗浄剤は使用しないでください)。 


Clarico-Image-Text

デリバン ジェルメディウム