カテゴリー
x

プロダクトのカテゴリー (Clear All)

Quick Filter



 

デリバンのキンディグリッツは無酸性で色褪せしないグリッターグルー(ラメのり)です。紙工作、カード作り、スクラップブックに。キラキラ輝くキンディグリッツはカード、紙表面に使用でき、乾くと平らな仕上がりに。お子様にも安心してお使いいただける製品です。

サイズ:36ml、135ml* ボトル(*マークの色は、クリスタリーナ、レッド、ブルー、グリーン、アクア、アズテック・ゴールド 、ゴールドとシルバーのみ)

デリバン・3Dキンディーグリッツも見る

5 Kindyglitz 36mL Bottles assorted colours
five assorted colours of tubes full of Glitter glue

デリバンのキンディーグリッツを使って、クリスマス・グリッター・クラフトに挑戦してみよう。

キラキラのないクリスマスを想像できますか?キラキラのり(グリッターのり)とクリスマスの関係は、トナカイとそりのいないサンタと同じです。沢山のキラキラは必須です。デリバン・キンディグリッツは、使いやすい細書きができるボトルに入っており、キラキラ度は最高級です。クリスマスのキラキラは、キンディーグリッツにお任せください。

キンディグリッツを使って、クリスマス用のプロジェクトを進めましょう。アイディアの参考に、グリッターのりを使ったクリスマス・クラフトを10個用意しました。 

どうしてデリバンのキンディグリッツを選びますか?


24色あるデリバンのグリッターのりは、あらゆる場面で活用できます。色や輝きが長持ちするように、無酸性で、アーカイバルの品質を守っています。さりげないカードのプロジェクトや、ペーパークラフトや、あらゆる表面に使え、平らに乾燥するため、様々な作品をあなたのマスターピースにします。さらに、お子様と一緒にクラフトを楽しむ時にも、安全なので、安心して使えます。あなたの制作に本当の輝きを加えてみてはいかがでしょうか?

Tell me about the Glitter?

デリバンではキンディグリッツを30年以上作り続けています。このラメノリは、プロのカードメイキングの方用に作られており、今日でも同じ様に使われています。キンディグリッツは、今でもシドニーのファクトリーで作られています。グリッターは、アメリカから来ています。ここにたどり着くまで、世界中のいろいろなグリッターを試しましたが、現在使われているものが最も安定していたのです。とても薄いアルミホイルに両面色をつけられて、そして樹脂コートティングもされた状態のものを、ギロチンを使ってとても小さなラメに切り落としていきます。これが私たちが使っているグリッターです。

 

見本色 

キンディーグリッツ3Dカラー 

Kindyglitz 3d colour swatch glitter gold
グリッターゴールド
Kindyglitz 3d colour swatch glitter silver
グリッターシルバー
Kindyglitz 3d colour swatch metallic gold
メタリックゴールド
Kindyglitz 3d colour swatch metallic silver
メタリックシルバー
Kindyglitz 3d colour swatch glitter crystalina
グリッタークリスタリーナ 
Kindyglitz 3d colour swatch gem clear
ジェムクリアー


キンディーグリッツ3D
7.44 7.44 7.44 AUD Add to Cart

8.18 8.18 inc GST

キンディーグリッツ
6.44 6.44 6.44 AUD Add to Cart

7.08 7.08 inc GST

Looking After Your Art Brushes 

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for a extended period. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Do not allow acrylic paint to dry on the brush. It is extremely hard to remove.

-         If dried paint has made a brush unusable, don’t throw it away. Either end may be suitable for use as a tool for scratching and scraping paint to achieve interesting effects.

-         Remove any excess oil paint from the brush with a piece of newspaper.

-         Pour a small amount of mineral turpentine into a jar with a lid and swirl the brush before wiping it again with the newspaper. Repeat until the remaining oil paint is removed.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Keep the mineral turpentine in a jar for later use, discarding only when the contents become too dirty to use.

-         Mix a small amount of soap and water into a lather and massage into the bristles. Rinse with water. Reform the tip with your fingers and dry flat to prevent excess moisture gathering at the base of the bristles.

-         Dry brushes can be stored either upright or flat in a cool, dry place out of direct sunlight.

-         Do not leave brushes standing tip down in a water container for extended periods. The bristles may become permanently distorted and loose.

-         Place brushes in a brush holder while you are working or lay them down flat to avoid undue pressure on the bristles.

-         Some staining of the bristles of synthetic brushes is likely to occur and will not impact the future use of the brush, assuming it has been thoroughly cleaned.