デリバン・ファブリックペイント

印刷したり | 絵の具で描いたり | ペン描きしたり

ファブリックペイント(布に絵を描くこと)に必要なものは、なんでもデリバンにおまかせください。

スクリーン印刷 | 布用ペイント | 布用マーカー


ファブリック・アートペイント

Tシャツ、キャンバスシューズ、布地をユニークで身につけられる個性に変える方法

デリバン・ファブリックアートは、あなたの個性を作るための新しい方法です。ファブリックアートマーカー、ファブリックペイント、3Dディメンションペイントのシリーズは、ほとんどの布地にユニークなデザインを作るのに最適です。必要なのは、デリバンのファブリックアートとクリエイティブで自由な精神は、人目を引くファッションを作ることができます。

ディメンショナル

ペイント

maRKer

ファブリックペイントで何ができるの?

あたなにインスピレーションを与えるビデオがたくさんあります。詳しくはデリバンのユーチューブチャンネルをご覧ください。ユーチューブライブラリー 布に絵を描くたくさんの質問に答えていることでしょう。

  • クッションカバーを作る

  • 絞り染

  • テディベアのデザイン

  • サラサのカバンに簡単豚さんのデザイン

  • 布用のスプレーペイントを作ってみる

  • お猿さんデザインを赤ちゃん服に

  • イモ版画

  • デリバン・布用絵の具でゼラチン印刷

  • 熱処理の方法

a spouncer making patterns on a teatowel using Fabricart

デリバン・シルクスクリーンインク

スクリーン印刷用インク

 デリバン・スクリーンインク には、使いやすい250mlと1Lのサイズがあります。28色の互いに混色が可能な色は、色のチョイスは無限大です。

シルクスクリーン印刷は、スキージと呼ばれる道具を使用して、ステンシルの上にスクリーンを通してインクを押し出す技術です。

シルクスクリーンはその名の通り、当初は絹の布から作られていました。現在では、ほとんどのスクリーンに合成素材が使用されていますが、その工程は変わりません。

布はフレーム(通常は木、場合によってはプラスチックやアルミ)の上に張られており、これがスクリーンと呼ばれるものを形成しています。

インキは、硬いゴムやスキージを使ってスクリーンの上を通過します。インクは、スクリーンの縦糸と横糸の間の穴を通って、スクリーンの下の表面に付着します。


表面に堆積したインクの量は、主にスクリーンのメッシュサイズによって決定されます(メッシュサイズは、穴の大きさを指し、より正確には、平方インチあたりのいくつの穴を指します)。

ステンシルは、色を使いたくない部分をブロックするために使用されます。このステンシルは、デザインを切り抜いた紙やプラスチックのようなシンプルなものから、長い印刷が必要な場合(紙のステンシルは一般的に数枚の印刷にしか適していません)に使用することができます。

デリバンのファブリックマーカー

デリバン ファブリックアートマーカーは、様々な種類の布地のデコレーションに最適です。 Tシャツ、ジーンズ、靴、キャリーバッグなどにイラストや言葉、絵、文字などを入れてカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。想像力を働かせて、可能性は無限大です。


 デリバン ファブリックアートマーカーは、大胆な色の中からお選びいただけます。ダブルエンドのチップで、様々な幅の線を描くことができます。(......) 明るい色で提供されているこれらのマーカーは、酸と臭気がありません。 また、ほとんどの布地に色あせにくく、熱で固定した後は洗うことができます。デリバンのファブリックアートマーカーであなたの個性的な作品を作りましょう。